宇宙のストレステスト

なんにも悪いことしていないのに、
悪いことが起きることがある。
そして、その悪いことが輪をかけるように重なるときがある。
災難、絶賛遭遇中。

41歳の私は、ここ数日におこったトラブルを味わいながら思い浮かべる
言葉は「厄年」だ。

なかでも最近、最大の災難は交通事故だ。
右折するために停止していたら、脇見運転のおじさんの車が追突してきて、
私のワゴン車はトランクが閉まらないほどフレームが歪んで、
我が身も右半身が軽くムチウチ。

警察を呼ぶと、若い警察官がそのおじさんの息が酒臭いのを
発見して、普通の事故の扱いからワンランクアップで、
応援の警察官の方がぞろぞろ。

さいわい、加害者のおじさんは素直な人で
朝、コップの水割りを飲んだこと、自分が不注意で追突したことを
素直に認め、謝罪してくれた。
まさに責任割合、100対0の私が完全に悪くない事故で、
あとは保険会社からの保障を待つだけなんだけど、、、

皆さん、知っていましたか?
たとえば私のように製造されてから12年もたった価値の低い車の
場合、修理代が39万円かかりますと車屋さんに言われても、
私の車の価値が18万くらいなので、保険金は18万しかでないのです。

私はまったく悪くない。
100対0の事故でも、修理するとなると
21万円を自分でださないといけないし、
これは納得いかん!と訴えても、10万円の価値しかないものに
40万円もかけて修理しなくてもよろしい、と裁判所に言われて終わりなのだ。

まだ結論は出ていないのだけれど、
もし、加害者のかけていた保険がけっこういい内容だと、
プラスαで保障があるかもしれない。
それに期待。

世の中の古い車ユーザーで、まったく責任のない追突事故で
泣く泣く、修理費やもしくは予定していない車の乗り換えなどを
しているかと思うと、
事故や悪事は、ほんとうに誰も特をしない負の連鎖だと思う。

なんてこった、と思っていると、またさらに小さいガッカリ事件があったりで、
本当にここ数日、心が休まらない。

心がざわついて、呼吸瞑想に入りづらいので、
受動的な呼吸瞑想よりも、積極的に心をコントロールする
ツールズ」でこのストレスをエネルギーに転化しようと、
「ツールズ」を繰り返し使いながら、本を再読していると、
いまの状態にピッタリの言葉が。

ツールズ

ツールズ

posted with amazlet at 17.11.15
フィル・スタッツ バリー・マイケルズ
早川書房
売り上げランキング: 464,503

<宇宙は私たちの外的な成功には関心がない。
宇宙が目指すのは私たちの「内面の強さ」を育てることなのだ。
宇宙は私たちが内側においてどういう人間なのかに関心を持っているのである。
困難を通してのみ、宇宙は私たちの内面の強さを育てられるのだ>

交通事故も、他のトラブルも、まさに私を試すような課題だ。
日々、瞑想したりしているけれど、おまえの平穏さは果たして
トラブルからくる怒りの流れに押し流されないシロモノなのか?
さまざまなトラブルにも声を荒げずに対応できるのか?

私という人間にたいして、宇宙がストレスをかけてテストしている。
そう考えて、さまざまな災難に耐えている。

金銭的にマイナスだったり、休日が事故処理でまるまる潰れたり、
体が痛かったりするけれど、ちょっとやそっとでは味わえない
修行プログラムだと思うと、すこし許せる、、、、かも。


Category: エッセンシャルヨガ, 瞑想

- 2017年11月15日

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *