週刊リクニュース


8月30日
リクに観戦される


ある日、キムチが食べたくなって、冷蔵庫を開けたのです。

中にあったのは、未開封のキムチ。

私は、フイルムをはがし、蓋を開けようとしましたが、

これがもう固いのなんの、アロンアルファで接着されているような

固さです。

私を眺めていたリクが、息を飲みます。

私が力を抜くと、リクもヘラヘラ笑い出すのですが、

私が「ふんがーっ!」と力を入れると、口をとじて、

じつに難しい顔で、私を見るのです。

「がんばれ!がんばれだワン!」

そんな顔です。

お!なんかオリンピックっぽい!

私は熱心に観戦しているリクの応援に応えるべく、あらゆる秘術を駆使して

韓国の選手に挑んだのです。

「えええい!これでもくらえ!」

結局、両膝で容器をがっしり押さえて、両手でねじ回すという

胴締めスリーパーのような技で、蓋がギブアップ。

「どうだ!!」

私は、リクに完全に蓋の開いたキムチを見せました。

「、、、、、、、、」

リクはその臭いが気に食わなかったようです。

プイッと顔をそらしました。

そんだけの話です。

今日の結論!

リクはキムチをおねだりしない!

バックナンバー


表紙へ