週刊リクニュース


第25回
盲導犬



散歩の途中で、ふと、

「りくを電車に乗せて、旅行したりできないかな?」

と思いました。

残念ながら、日本では犬は電車に乗れません。

しかし、例外があります。

盲導犬と聴導犬です。

盲導犬にかんしては、リクと同じ

ラブラドールが使われることが多いので、

イメージとしては、

ラブラドール=盲導犬という図式のはず

リクが盲導犬だったら、電車に乗れるワケです。

「よし、リク、試しに盲導犬してみろ」

ということで、私は目を瞑って、

リクに引かれて歩くことに。


2歩、

3歩と歩いたところで、私は立ち止まりました。


こ、怖ええっ!!

なんかすぐそこに溝があって、おもいっきり
おちそうな気がする!


なんせ、道案内してくれるこの人



飼い主を自分の好きなところに
引っ張って歩くプロです

ま、私のせいですけど、、

もう、最近は、まともな躾すらした覚えがありません。

というわけで、

盲導犬の崇高な姿の欠片もないです


盲導犬のハーネスをつけても、
新種の「引っ張り防止首輪」にしか
見えないでしょうし、
顔がへらへらしすぎ
知らない犬をみると、
背中の毛が逆立つ、という
ビビリ機能つきのワンコです

盲導犬のふりができて、30秒かな?

もう、それ以上たつと、へらへらしてきます。


(間違っても、私は、リクを盲導犬の格好にしたてて、
電車に乗せるようなバカではないです、ご心配なく)


表紙へ
目次へ