週刊リクニュース


10月29日
Mr.マリク

肉球が裂けるという怪我をしたリクは、

現在、包帯がかかせない生活をしています。

包帯をしないと、延々と傷口を舐め続けるので、

はずれないように、テープで留めて、しっかりと

つけているのです。

そんなある日、リクが部屋の隅で、

静かに何かゴゾゴゾしているのです。

 犬を飼っている方なら、わかると思うのですが、

犬が、静かに何かしているとき、というのは、

十中八九、イタズラをしている時!

見つからないように静かにするのです。

まあ、イタズラといっても痒くて包帯でも

舐めているんだろう、と高をくくって、

ネットをしていると、

げほっ!げほほ!

とリクが吐きそうな声をだしたので、

チラッと見ると、


「あっ!あああああっ!アホーッ!」


そこには、

包帯を食べようとしているリクがいる。

長い包帯は飲み込みにくいので、ゲホゲホ咳き込んでいたようだ。

私は即座にリクを捕獲して、

口からはみ出ている包帯を、ズルズルズルと引っ張り出しました。

そのとき、私は、

<ああ、手品みたいだ、口から包帯がでてきたー>と

脱力感のなか、思いました。

包帯は涎まみれで、へろへろです。

種も仕掛けもない、手品みたいなことをするなリク。

ときおり、目を離すと使用済みの包帯を食べようとしている

リクがいます。

油断ならねえ!

リクは、テッシュにつづいて、

包帯を食べ物だと認定したようです。

バックナンバー


表紙へ