週刊リクニュース

5月15日
良くなったけど不安

物事が良くなっているにもかかわらず、不安になる。

そんな矛盾した不思議な現象ってあるんですよ。

それが最近のリクの散歩。

この頃のリクは私をまったく引っ張らなくなった!

以前は「マグロ」や「カジキマグロ」などのマグロ系のぴちぴちした

強引な引っ張りで、散歩だかトローリングだかよくわかない世界に

私を牽きづりこんでいたのに。

最近は綱を持ってもまるで別犬のように弱々しい、、、、、、

正直、気味が悪くなるくらい。

その散歩の様子をハタからみたら、

「おおっ、リーダーズウオークだ!」とか

「飼い主さんと並んで歩くなんて賢いワンちゃん」となるのでしょうが、

まったくそういう躾をした覚えがない

体おかしいんじゃないの?と不安になるのです。

「こち亀」の両さんが、理由もなく競馬を止めて定期預金を始めたら、

大原部長も私と同じ不安感に襲われると思う。

不安だ。

そういう目で見れば、なんだか歩き方がほんの

少しおかしいような気がする。

ラブラドールみたいな大きめなワンコは股関節が悪くなりやすいので

す。歳をとってだんだんと足が悪くなってきたのかな、、、、、、

それとも大好きなボール投げの影響なのか、、、、、、

とりあえず足に負担のかかるボール投げは禁止にしました。

あとはリハビリのように、ゆっくりと歩かせるようにします。

それからあとは関節のために、

変な寝相をしていたら起こした方がいいのかな。




変な寝相。

顎をソファに載せて台所を監視したまま熟睡。





足や腰を触っても痛がらないので、そんなに重症だとは思わない

のですけど、やっぱり気になりますね。

あとは肩でも揉んでやれば元気になるんですかねー



戻る
バックナンバー